ミルクタイプクレンジングのメリット・デメリット

なぜミルク・クリームタイプのクレンジングが優れているのか?

Tゾーンが脂っぽいのでオイルクレンジングを使っていたらなんとなくベタついたりテカリが気になってきました。調べてみたらオイルクレンジングは洗浄力もいいけどメイクの濃い人向けで普段あまりメイクをしない私には強すぎるとわかりました。落としすぎてしまって余計に脂をだしてしまったようです。ミルクタイプは私には合いました。適度に落としてくれて潤いが保てている気がします。

36歳 【使用品】PONDSクリアフェイス

敏感肌で悩んでいました。お肌が乾燥するほうなので、クレンジングでお肌の潤いを失いたくないと思い、ミルクタイプの物を選ぶようになりました。洗い上がりのつっぱりがないし、落とすときの肌触りがなめらか心地良いです。

32歳 【使用品】AHAモイストジェルミルククレンジング

ミルク、クリームタイプのクレンジングを使うのは、私がマツエクをしていて、オイルクレンジングをあまりしたくないからです。オイルクレンジングすると、マツエクへの負担がかかるし、もちも悪くなるので、オイルクレンジングをつかいません。また、オイルクレンジングは自分の肌に合っていないようで、ベタつきカサつきなど、その時々で様々なトラブルが起こるので今後もなかなか使うことはないと思います。

22歳 【使用品】ビオレこっくりクリームメイク落とし

以前オイルを使用したことがあるのですが、思ったほどしっかり落ちないのにべたべたして洗顔しても肌がかなり脂っぽくなってしまいニキビができてしまいました。それ以来オイルは使用しなくなりました。クリームタイプのクレンジングはそんなにこすらなくても肌になじんですっとメイクが落ちるので大好きです。

30代 【使用品】ハウスオブローゼ・ミルキュアピュアクレンジングクリーム

今までに一度だけオイルタイプのクレンジングを使ったことがあったのですが、その時の質感というのがあまり好きではありませんでした。ぬるっとした感じで洗い流すのがかなりしつこくお湯で洗わないとしっかり取れた感じがしないところが気に入らなかったのです。ですがクリームタイプに変えてからは、顔がぬるつくことがなく、洗い上がりもさっぱりしているのに潤いがしっかり残るので乾燥肌の私にはとても心地よい使用感だと感じました。洗い上がりの気持ち良さは、クリームタイプの最も優れている点だと思います。

40代 【使用品】ポーラモスティシモクレンジングクリーム

オイルだとどうしても肌に必要な油分も落としている気がして、クリームタイプを使っています。きちんとメイクは落ちるし、肌のうるおいは保っています。クリームタイプは私の乾燥肌に合ってると思います。

30代 【使用品】ポンズウォッシャブルコールドクリーム

以前TVで美容界のカリスマである佐伯チズさんが、オイルクレンジングは老け顔になるとおっしゃっていたので、それから完全にミルクに切り替えました。ふき取りタイプもありますが、肌をゴシゴシこするとシワが出来やすそうだし夏は良くても冬は乾燥しそうだから。

40代 【使用品】ヴェレダ・クレンジングミルク

何年もこれを使っています。他のに変えたときもありますがやっぱりこれが一番つるんと落ちます。クルクル塗ってしばらく放置してると浮き上がってきます。後も突っ張らないし綺麗に素早く落ちるのでお肌にも負担が少なくすみます。

31歳 【使用品】ビオレ、メイク落としジェル

雪肌精シリーズが好きで、お店の人に勧められたため。長年そのお店で購入しているため私の肌質を熟知してもらっています。基礎化粧品を中心に全てお任せしています。なめらかな使い心地でとても使い勝手も良く気に入っています。

40代 【使用品】雪肌精エクストラディープトリートメントクレンズ

ずっとオイルタイプのクレンジングを使用していましたが、ミルクタイプもある事を知り、一度使用したら、気に入ったので、そこからずっとミルクタイプです。理由は、ミルククレジングの方が、保湿力があり、肌の潤いを残してくれる気がしたからです。

40歳 【使用品】現在は、ビオレメイクも落とせる洗顔料さっぱりミルクを使用中です。

ミルクタイプの優しさに頼りすぎないで!

ミルクタイプクレンジングのいいところはマイルドでとっても洗いやすいところですよね。お肌が突っ張らないのも◯。

ただ、優しいからと言って長時間かけたり擦ってしまうのはアウト。

これを繰り返していると肌水分量が減少。そして肌常在菌環境が乱れてかゆみを覚えることがあります。

季節の変わり目?と思っていた顔のかゆみ。しかし実際は普段のクレンジングに原因があることがあります。

詳細WEBサイト:顔のかゆみ原因と対策方法

ポイントは美肌菌。

昔の人はミルクタイプのクレンジングなんてありませんでした。

逆にないからこそ肌本来の機能が生かされていました。それが美肌菌など肌常在菌の活躍です。

これら菌の内、善玉菌とされる菌が天然の保湿成分を作り、肌を常に弱酸性に保ち悪玉菌の繁殖を防いだり、外部からの刺激をカットします。

この悪玉菌の活動や外部刺激が顔のかゆみの主原因。

しかし、洗顔やクレンジングでごっそり皮脂や角質細胞間脂質を除去してしまうと、悪玉菌が繁殖してしまい防御力を失ってしまうのです。

ミルクタイプクレンジングは確かに肌に優しいのですが、使い方次第では逆になることを覚えておきましょう。

Copyright (C) 2016 ミルクタイプクレンジングのメリット・デメリット All Rights Reserved.